病気のお話し

みぞおちが痛い、胃がもたれる 検査に行くの迷ってませんか?

更新日:

胃や十二指腸潰瘍は、働き盛りの年代に多く、男性が女性よりも3倍多いと言われています。

50歳過ぎると“ピロリ菌”というものに感染して症状が出ることがあります。

この“ピロリ菌”、可愛いネーミングですが、潰瘍になりやすく胃がんの原因にもなるのです。

スポンサーリンク

ここで、ピロリ菌の説明はこちらへ

症状

最初は胸焼け、胃の不快感、胃もたれ、みぞおちの痛み、背部痛など胃炎を発症します。

胃炎も軽い症状から出血を伴う重症まであります。

本来、胃は食べ物を消化しやすくするために、強力な胃酸を出して、食べ物をドロドロにしていきます。

その胃酸に溶かされないように、胃は粘膜に保護されているのですが、胃酸が余計に出ると胃粘膜が溶かされ剥がれてしまい、炎症や潰瘍の原因になります。

一般的な症状に、胃潰瘍は食後に、十二指腸潰瘍は食前の空腹時に痛みが生じます。

胃粘膜が胃酸によって穴が開き、その粘膜の下の大きな血管までむき出しの状態となり、そこに食べ物が通った時にこすれて出血することがあります。

胃の中は、食べ物が入ることによって、凄い勢いで動きながら溶かしていきます。出血した血は噴水のように出てくるため、吐血(血を吐く)したり、血液が腸へ降りると便と一緒に出てきて、タール便(黒い便)が出てきます。

原因

胃炎や潰瘍は、働き盛りに多く、肉体的・精神的疲労、ストレス、飲酒、喫煙、鎮痛剤の飲み過ぎ、カフェイン類の飲み過ぎなどが原因で胃酸が多く出て症状が出ることがあります。

胃カメラと診断

まず、胃の症状があれば、胃のバリウム透視か胃カメラをしてくれる病院を探しましょう!見つかったら予約しましょう。

胃カメラは、検査をする前に食事をしていると、食べ物が邪魔になりカメラで胃の中が見えないので、胃カメラ当日の朝は、食事できません。

当日に牛乳など乳製品をとるのもやめときましょう。
牛乳に含まれる乳脂が胃の粘膜にうすーく張り付き、カメラで胃の中の粘膜の様子が見えにくくなるからです。
胃を保護したいときには、牛乳を飲むといいですが、検査前は控えましょう。

バリウム検査は、胃の診断で最近はされているところは少ないです。
ほとんどの医師は、ダイレクトに胃の中を見ることが出来る胃カメラを推奨されます。

私が、内科の外来で働いたときに、胃カメラ検査の補助についたことがあります。

検査の前に、診察がありますが、胃カメラが苦手な人は、鎮静剤を使うところがあります。
カメラ前に鎮静剤を使うと、意識がぼーっとなり、眠っている間に検査が終わっているので、苦手な方はぜひ担当医とよく相談されてください。

胃カメラは小指ほどの細い管を口の中に入れ、のどを通って胃の中へ入ります。
胃の中に入ったら医師は手元のリモコンで細い管を生き物のようにくねくね動かしながら胃の中の粘膜をまんべんなく見ていきます。

胃の中では、何か入ってきた!と思うのか、食べ物を溶かすための胃酸がシャワーのように吹き出したり、動きが活発になりますので、カメラで見るのに苦労していました。
その胃の動きを一時的に止めるため、検査前に筋肉注射(ブスコパン)を腕に打ちます。
たまに、集中しすぎて先生自身が動いているのを見たときには笑ってしまいそうになるのを必死にこらえるのが大変でした(笑)

胃の粘膜に潰瘍やポコッと突出したポリープを見つけた時は、その部分を管子という器具を使って一部かじり取ります。
それを、検査に出して悪性腫瘍か良性腫瘍かを調べたり、ピロリ菌が感染しているかを検査します。

 

治療・予防

  • 外来で治療する場合
    胃酸分泌抑制剤と胃粘膜保護剤などの組み合わせの治療薬を処方されます。ピロリ菌がいれば除菌のため薬が処方されます。
    同時に、原因となる生活習慣の改善指導。飲酒、喫煙、香辛料、カフェイン摂取などの取りすぎに注意!
  • 入院が必要な状況の場合
    潰瘍が進み、出血して貧血が進んでいる場合。
    胃カメラで出血部位に止血治療をしている場合は安静と、生活習慣の改善、薬物治療による入院が必要となります。
    だいたい、1~2週間くらいが目安で、入院中経過を診るため胃カメラをします。

胃炎、胃潰瘍の予防は、上記に上げた飲酒、たばこ、カフェイン摂取、ストレスなどを減らすことです。

まとめ

胃の調子が悪いと、仕事や生活に支障が出やすく、食事もおいしく食べられないですよね。

もし、胃の不調を感じた時は、胃カメラをおすすめします。しかも、眠くなる注射を希望すれば、苦しい検査が眠っている間に終わっているんです!

それに、胃潰瘍や胃がんの原因になるピロリ菌の検査で早めの除菌をすることで胃がんになるリスクを未然に防げます。

応援ポチッとお願いします♪

スポンサーリンク

2位

-病気のお話し

Copyright© cafe time , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。