話題のニュース・テレビ・タレントの情報をあなたにお届けします。

cafe time

イベント情報

母の日2019年にネックレスをプレゼント!50代から60代におススメはコレ!?

更新日:

5月の第2日曜日と言えば「母の日」ですね。

今回は、50代から60代のお母さんのプレゼントにおススメな「ネックレス」をいくつかご紹介します。

母の日のプレゼントは赤いカーネーションが定番ですが、今ではネックレスなどのアクセサリーやスイーツなどを添えて贈るのが、普通になって来ました。

花屋さんの店先に、カーネーションがあふれ出すのを見て「お母さん、ここまで育ててくれてありがとう」という、忘れかけていた母親への感謝の気持ちを想い起こさせる日ではないでしょうか。

とはいえ、どんなものを送っていいか分からない、という方も多いかと思います。

スポンサーリンク

 

 

母の日はいつから始まったのでしょうか。その起源は?

母の日を祝う行事がいつ頃から始まったのかは諸説ありますが、古くはギリシャ時代まで遡ると言われています。

 

ギリシャ神話にはレアという、神々の母と呼ばれる女神が登場します。レアは出産や母性、癒しや安らぎを象徴する神として崇められてきました。

 

古のギリシャ人が、春になると母親の象徴である女神レアを祝うお祭りを行ったのが、母の日の起源であると言われています。

 

もう一つは、アメリカの心優しい女性の逸話から、という説です。

 

それは、今から100年程前、アメリカの女性アンナ・ジャービスが、亡くなった母親の霊前に「亡き母をしのぶ」という花言葉の、白いカーネーションをたくさんお供えし、生前に苦労して自分を育ててくれた母親を偲んだことが、参列者に大きな感動を与えたというお話しです。

 

このことがアメリカ全土に広まり、これを期にアンナは支援者と母に感謝する日の普及運動を始め、アメリカ議会に「母の日」を祝う休日を作るよう呼びかけました。

 

こうしたアンナの活動で、アメリカ議会は1914年に「5月の第2日曜日を母の日」と定め、全ての国民が母親に感謝の意を示す記念日としました。

 

日本では大正時代に、キリスト教団体の普及活動によって始まり、健全な母親には赤い花を、亡くなった母親のためには白い花を胸に飾るようになったそうです。

 

やがて、母性愛を現す赤いカーネーションを母親に送るようになっていきます。

また、亡くなった母親のためには、アンナに習い霊前に白いカーネーションを手向けるようにもなりました。

 

母の日はアメリカで生まれ、日本に伝わった行事という訳ですね。

お母さんにネックレスをプレゼントしませんか。50代、60代におススメのブランドはこれ!

女性へのプレゼントの定番はジュエリーやアクセサリーですよね。指輪だとサイズ選びが難しいですが、ネックレスならサイズを気にする心配もありません。

 

男性もプレゼントする女性のイメージに合わせてジュエリーを選ぶって、結構楽しかったりするんですよね。

ここでは、50代、60代のお母さんに人気のブランドを紹介しますので、男性の方も参考にして下さい。

(1)AHKAH(アーカー)

重ね付けができる、繊細な作りが人気のブランドです。

イエローゴールドやピンクゴールドの素材に、ダイヤモンドやハーマキーダイヤをあしらったネックレスが人気です。

 

 

 

高品質ながら5万円代から7万円代というお手頃な価格が人気の理由ですね。

 

(2)ティファニー

オードリーヘップバーンで一躍有名になったブランドですね。60代のお母さんでしたら、小さな頃から憧れていたという方も多いと思います。

 

 

ダイヤやパールを使った大人可愛いデザインは、年代を問わず身に付けることができます。

15万円代から30万円代のものが人気です。

 

(3)カルティエ

大人の女性に人気のブランドです。

フランスの高級ジュエリーメーカーで、定番の一粒ダイヤのネックレスや、カルティエのロゴ入りのデザインが、長く使えるネックレスとして評価の高いモデルです。

 

20万円代から30万円代のものが人気です。

 

 

(4)ヴァンドーム青山

50代の女性に人気の高い日本ブランドです。

大人の女性が日常で気軽にジュエリーを楽しむをコンセプトに作られていますので、高級感のあるデザインでありながら、お手頃な価格帯が多いのが魅力です。

 

 

2万円代から3万円程度のもが人気です。

 

(5)GINZA TANAKA(ギンザ タナカ)

大人の女性をターゲットにしたデザインが多いのが特徴です。

長めのチェーンに小さなダイヤを付けて揺れる光を演出したり、ダイヤとゴールドを大胆に使ったものなど、日常にもフォーマルシーンにも使えるデザインが人気です。

 

 

10万円代から20万円代の価格帯のネックレスが充実しています。

 

お母さんってどんな人?イメージに合ったネックレスを選びましょう!

 

いつも見ているお母さんですが、いざ何かをプレゼントしようと思うと、意外と「どんな趣味だったっけ?」と、分からないものですよね。

 

最近の女性は、年齢にとらわれずファッションやアクセサリーを楽しむ傾向がありますから、ネックレスを選ぶにしても悩ましいところです。

 

日常使いであれば、普段のファッションを参考にして選んでみては如何でしょうか。

Aラインスカートでラインを出していることが多かったり、ガウチパンツや大きめのレースガウンをゆったりと着ていたりといろいろかと思います。

 

それにフラワー柄が多いとか、無地でシンプルなものをよく着ているとか、身につけているデザインも様々ではないでしょうか?

この辺の見極めが、ネックレスを選ぶポイントになってくると思います。

 

母の日のプレゼントですから、フォーマル使いよりラフに身につけて楽しめるネックレスが好まれるのではないでしょうか。

関連記事:母の日に送る予算3000円以下で送料無料のプレゼント!楽天人気ベスト10!!

 

まとめ

母の日は、普段は言えない感謝の気持ちを伝えるいいチャンスですよね。

特に女性はジュエリーを送られると、特別な気持ちになるものです。

 

お母さんは、自分のために一生懸命考えて選んでくれたネックレスを見て、きっと大喜びするはずですよ。

 

カーネーションの花を添えて、素敵なネックレスをプレゼントしてくださいね。

スポンサーリンク

-イベント情報

Copyright© cafe time , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。