話題のニュース・テレビ・タレントの情報をあなたにお届けします。

cafe time

テレビ番組

新紙幣20年ぶりにデザインが変わるのいつから?誰の顔に?新1万円札は大隈重信?

更新日:

yahooニュースより「新紙幣のデザインは?2024年度上期に刷新予定「明治以降の文化人から選定」と麻生氏」・「新紙幣の顔で”早慶バトル”!?大隈重信はなぜ選ばれない?」

2004年に現在使っている紙幣が発行されてから、20年ぶりに紙幣のデザインが変わると発表されました。新紙幣は千円札、五千円札、一万円札、貨幣の500円玉が新デザインへ、気になる新紙幣には誰の顔に決まったのでしょうか?

現在の1万円札は「福沢諭吉」さんで浸透していますが、福沢諭吉さんといえば、慶応義塾大学の創設者です。慶応のライバルとして有名な早稲田大学の創設者は大隈重信さんが次の新1万円札か?と期待されていた方も多いかもしれませんね!

しかし、次の新1万円札の顔は「渋沢栄一」さんに決定しました。なぜ大隈重信さんが選ばれなかったのでしょうか?

新紙幣のデザインはいつから変わるの?今変える理由は?

2019年4月9日、麻生財務相が閣議後の記者会見を行い、1万円札・5千円札・千円札・貨幣の500円玉を刷新すると表明しました。新紙幣は2024年をめどに発行されるということですが、なぜ紙幣を変える必要があったのでしょうか?

麻生財務大臣は、「偽造抵抗力強化の観点から約20年ごとに改札を行ってきた」といい、「景気刺激を考えてやっているわけではない」と説明。令和への改元ともタイミングが「たまたま重なっただけ」と強調した。

今回の改札では3Dや3Dホログラムなど世界最先端の偽造防止技術が搭載される。額面の数字を大きくするなど、ユニバーサルデザインの考え方を踏まえた改札になる。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190409-00010003-huffpost-soci

 

お札の人物は誰になる?決め方は?

1万円札の顔はだれ?

おもて・・・渋沢栄一(しぶさわ えいいち)

「日本資本主義の父、日本経済の近代化の最大の功労者」

うら・・・東京駅丸の内駅舎

5千円札の顔はだれ?

おもて・・・津田梅子(つだ うめこ)

「日本初の女子留学生で、近代的な女子高等教育に尽力」

うら・・・藤の花

千円札の顔はだれ?

おもて・・・北里柴三郎(きたざと しばさぶろう)

「日本細菌学の父、日本医学の発展に貢献」

うら・・・葛飾北斎の代表作でもある浮世絵「富嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい)神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)」

500円貨幣のデザインは?

新500円玉は、偽造防止のため素材が変更されるのですが、今使っている500円玉とデザインはあまり変わらないような気がしますね。2021年に発行予定です。

人物の選定基準は?

新紙幣の表の人物について、麻生氏は「前2回の改札時の考え方を踏襲し、明治以降の文化人から選定した」とおっしゃっていました。

出典:https://news.yahoo.co.jp/pickup/6320063

また、「近代的な人物の精巧な画像を入手しやすい」ことで、紙幣の偽造防止になるのでしょう。「品格があるふさわしい肖像である」こと、「国民に親しまれ、広く知られている」ことが基準になっています。うらの絵柄は、日本の歴史と伝統や美しい自然の風景を表しています。

しかし、世間からはデザインに対しての批判が多く聞かれています。

今まで、1万円札を親しみを込めて「諭吉さん」というニックネームで呼ぶ人も多かったのですが、新紙幣に代わると「栄一さん」に変わるのでしょうか?

みんなの意見でのアンケートでも、「新紙幣についてどう思う?」を

いいと思う・・・32%
どちらともいえない・・・6%
いいと思わない・・・63%

という結果になりました。いいと思わないと答えた人の中には「デザインが中国紙幣みたい」「人物になじみがない」「教科書に載ってるの?」という意見がありました。

あなたはどう思いますか?

早慶バトル勃発?なぜ大隈重信が選ばれなかった?


出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

1万円札といえば、慶応義塾大学の創設者 福沢諭吉さんですが、次の1万円札は誰なのか?という意見で、「次は大隈重信だろう」「大隈重信がお札にならないかな」という期待に反し、早稲田大学創設者である大隈重信が選ばれなかったのを悔しがる声が多かったことがわかりました。

しかし、新紙幣の選定基準として、上記の3つに当てはまる人物ということで、大隈氏もあてはまると思うのですが・・・

それに伴い、慶応大学の学生VS早稲田大学の学生のバトルが勃発しているという面白い展開に!

1万円札が福沢諭吉さんから大隈重信さんへ変わったら、早稲田の学生さんたちは喜ぶでしょうし、慶応の学生は福沢諭吉さんが紙幣でなくなるのは寂しいという声が聞かれてます。

お二人とも有名な私立大学の創設者であり、そこの学生さんたちにとっては誇りですから、自分が通う大学の創設者が日本の紙幣の顔って胸張って言えるのは、非常にうらやましいですよね~

今回、新紙幣に選ばれた人物と大隈重信さんの共通している点とは、「みんな明治を生きた、日本が新しくなるという時代を共に生き抜いた」と日本近代政治に詳しい東京大学の教授が指摘されています。2回も総理大臣を務められたことがあり、紙幣にならずとも誰もが知る偉人ですよね!

なぜ大隈重信が紙幣に選ばれなかったのか?

元印刷局勤務の植村峻氏は、「世界的な傾向でも、 政治家よりも全体として文化人が選ばれるという傾向にある」とのこと。

以前は、首相経験者の伊藤博文さんなどが選ばれていましたが、政治家の起用は批判されやすく、今は文化人中心となっているとのこと。
1984年以来、政治家は選ばれていないようですね。

まとめ

新紙幣のデザインは2004年の発行から20年ごとに新紙幣の発行が必要となる、2024年の上期をめどに発行される。

お札の人物は、1万円札は渋沢栄一、5千円札は津田梅子、千円札は北里柴三郎に、500円貨幣はデザインそのままで素材が変更する。

選定基準は、近代的な人物の精巧な画像を入手しやすい・品格があるふさわしい肖像である・国民に親しまれ、広く知られている人物として選定された。

大隈重信が選ばれなかったのは、1984年以降、政治家より文化人が選ばれているから。

以上、「新紙幣20年ぶりにデザインが変わるのいつから?誰の顔に?新1万円札は大隈重信?」でした。

スポンサーリンク

-テレビ番組

Copyright© cafe time , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。