音楽・テレビ・タレントの情報をあなたにお届けします。

cafe time

イベント

日焼け止めの日常使いおすすめ人気ランキング‼

投稿日:

日焼け止めは冬でも日常付けているよって人も多いと思います。

ドラッグストアに行っても日焼け止めは、一年中棚に並んでいますよね。

 

でも、やっぱり夏が近づくと、紫外線の強さや肌に合わせたものなど種類も増えてきます。

どれにしようかと手に取って成分を見ても、自分に合っているのか分からなって人も多いんじゃないでしょうか?

 

そこで今回は、「日常使いにおススメの日焼け止めランキングベスト3」をご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

 

日焼け止めの、SPFとかSAって何が違うの?

日焼け止めと一言でいってもいろんな種類がありますが、選ぶ基準として最初に見るのは「SPF(サンプロテクションファクター)」と「PA(紫外線A波)」ではないでしょうか。

 

紫外線には「A波、B波、C波」の3種類があり、主に日焼けの原因になっているのは「A波とB波」です。

 

SPFは、主に紫外線B波を防止する効果を現す目安となる数値です。

パッケージには「SPF40」などと表記されていると思います。これは、紫外線B波を防ぐ力(プロテクションファクター)を数値化したもので、数字が大きいほど防御力は強くなります。

 

SPFの数字は、日焼けするまでの時間をどの位遅らせることができるかを現しているので、「SPF40」の場合は、日焼けするまでの時間を「40倍遅らせる」ことができるということです。

これには個人差がありますので、自分のお肌に合ったものを選びましょう。

 

PAは、紫外線A波を防ぐ効果の程度を現しものです。

「PA++++」などと表記されていますよね。これは「+」の数が多くなるほど紫外線A波を防ぐ効果が高いことを示しています。

防ぐ効果は4段階に分かれていて、「+」の数4つで効果が一番高く、1つが一番弱いことを現しています。

 

紫外線A波は、晴れた日も曇っている日も放射されていますから、しっかりと対策する必要があります。

日常使い、山や海などのレジャーなど、シーンによって紫外線の強さも違いますから、日焼け止めを選ぶときは、SPFとSAを必ずチェックしてくださいね。

お肌の弱い方は要チェック!3つのポイントをご紹介

日焼け止めにはSPFとSAの他にいろいろな成分が含まれています。

その成分が、お肌に合わないと肌荒れなどを起こしてしまいますから注意が必要です。

 

(1)ケミカル:紫外線吸収剤

ケミカルは、紫外線をカットする際に化学反応を起こします。それによってお肌にアレルギー反応がでる人もいますので、ケミカルフリーかどうかをパッケージで確認してください。

 

(2)パラベン:防腐剤

 

パラベンもお肌にアレルギー反応を起こす人がいます。ただし、パラベンフリーだからといって購入しても、使いきれない量だったり、不衛生に扱うと日焼け止めが傷んでしまいます。

少ない量を購入し、足りなければ追加していく方法がいいでしょう。

 

(3)アルコールやエタノール

 

日焼け止めには、爽快感を出すためにアルコールやエタノールを添加(てんか)しているものがあります。

お肌が乾燥しやすというデメリットがありますから、購入時にチェックしてください。

 

以上が、日焼け止めを選ぶ際に注意したい3つのポイントです。

 

さきほど、SPFとSAについて説明しましたが、こちらも日焼けをしたくないからと言って効果の高いものを選べばいいという訳ではありません。

 

あまり強いもの(数字や+の多さ)を着けると、お肌の敏感な人は肌荒れを起こしたり変えってお肌の状態を悪くしてしまいます。

 

心配な方は、少しずつ効果の高いものに変えていくパッチテストがお勧めです。

日常使いならこれ。日焼け止めランキングベスト3

さて、ここまで日焼け止めを選ぶときのポイントをご紹介してきましたが、余計にどれを選んだらいいか分からなくなった、とうい人もいるかもしれません。

 

そこで、厳選した日常使いにピッタリの「日焼け止めランキングベスト3」をご紹介します!

 

第1位:DHCボディサンスクリーン ミルク(税込1,852円)

 

「SPF35 SA++」、ケミカルフリー、パラベンフリー

 

ナノサイズにまで微粒子化した天然由来の紫外線防止成分が、肌表面に隙間なく包み込むので、お肌へのダメージをしっかりガードます。

 

パウダー配合で肌なじみがよく、さらっとした使用感が特長です。瑞々しい乳液タイプなので、ベタつきや白浮きもしないので、汗をかいても安心です。

 

紫外線防止効果も中間の強さなので、お肌の様子を見るのにちょうどいいと思います。

普段使いの洗顔料やボディソープで落とせるので、専用のクレンジングが必要ないのも嬉しいですね。

 

 

第2位:紫外線予報 ノンケミカルUVクリームF(税込1,944円)

 

「SPF50 SA++++」

 

365日さまざまなシーンで使えるお肌にやさしいノンケミカルの日焼け止めクリーム。

 

ノンパラペン、ノンアルコールなので、敏感お肌にも安心です。さらに、コラーゲン、ヒアルロン酸を配合し、肌の潤いを守ります。

 

無香料、無色素、無鉱物油のほか、どんな肌色にも合う透明タイプで、白浮きしません。

クレンジング剤不要で洗い落とせます。

 

第3位:オルナ オーガニック日焼け止めクリーム(税込1,520円)

 

「SPF50 SA++++」

23種類の植物成分とヒアルロン酸・コラーゲンなど12種類の美容成分などを贅沢に配合してあります。

 

安心の日本製です。優しい使い心地のO/W処方で、石鹸で簡単に洗って落とせます。

無香料、ノンパラベン、鉱物油不使用、石油由来界面活性剤不使用。

某女性ファッション雑誌に掲載されました。

 

日常使いの日焼け止めということで、2,000円以下で購入出来て、かつ高性能な日焼け止めをランキング形式で選んでみました。

日焼け止めを選ぶ参考にして下さいね。

尚、価格等は変更になる場合もありますので、購入前にインターネット等で確認して下さい。

 

*お肌に合わなかったり、なにか異常が出た時は、すぐに医療機関で受診してください。

 

まとめ

日焼け止めは種類もたくさんありますし、お値段もそれこそピンからキリまでって感じですよね。

 

今回、ご紹介したものは性能も良くてお値段もお手頃、ちょっと日常使いしてみようかなって視点で選んでみました。

 

選ぶポイントで一番に優先するのは、やっぱり自分のお肌に合うか、ではないでしょうか。メーカーによっては、試供品を配っているところもありますから、上手に使ってお肌に合うものを見つけて下さいね。

スポンサーリンク

-イベント

Copyright© cafe time , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。