音楽・テレビ・タレントの情報をあなたにお届けします。

cafe time

イベント

七夕の短冊に願い事を書くのはなぜ?!家族で楽しむ過ごし方はコレ!?

投稿日:

花火に海に夏祭り!夏シーズンには子供から大人まで楽しめるイベントが目白押しです。なかでも七夕は古くから行われていた行事で、現在も風情を感じられるイベントとして国民から親しまれています。

 

当たり前のように行われているイベントですが、なぜ短冊に願い事を書くのか知らずに七夕を楽しんでいる人も多いのではないでしょうか?そこで、七夕の歴史や短冊の意味などをわかりやすくまとめてみました。七夕を家族と楽しむ過ごし方などもご紹介していきます♪

スポンサーリンク

 

そもそも七夕はいつからはじまったの?

七夕は奈良時代から行われていた

七夕の起源にはいくつか説があるようですが、奈良時代に日本に伝わった中国の七夕(しちせき)と、日本の棚木津女(たなばたつめ)伝説が組み合わさってできた行事だといわれています。

 

七夕といえば織姫と彦星伝説が有名ですよね!夫婦生活を満喫しすぎて仕事を疎かにしてしまった2人は、天の神によって引き離されてしまいます。お互い真面目に仕事すること約束に、年に一度7月7日に天の川で出会うことを許されるというお話。

 

これは、中国の神話である牛朗織女(ぎゅうろうしょくじょ)という物語からきているそうです。しかし、織姫と彦星伝説には笹が登場しないのに、なぜ笹や短冊が飾られるのが疑問ですよね。

 

笹や竹は神聖なもの

笹や竹は雨風に強く繁殖力も高いので神聖なものとして扱われていたそうです。古くから神事でよく使われており、七夕ではお供え物と一緒に笹や竹を装飾したそう。竹や笹は日本の風習からきていたのですね!

願い事を書いた短冊のはじまりは貴族

七夕といえば短冊に願い事を書いて笹に飾るのが一般的。しかし、これは日本ならではの楽しみ方で中国などでは行われていないそうです。貴族達が習字や技芸の上達を願い紙に記して七夕の日に川に流していたことがはじまりといわれています。時代が進むごとに進化し、現在の笹の葉に願いを書いた短冊を飾るというスタイルになったそうです。

 

七夕は織物が深く関係しており、裁縫の上達を願うという意味で紙ではなく糸を飾られていたこともあるとか。

 

七夕の短冊には書き方があった?!

短冊には赤・緑・黄・白・黒(紫)5つの色が存在します。五行説という思想からきたもので「五色の短冊」と呼ばれ、それぞれ色によって徳(教えのようなもの)が違います。

  • 赤:火の意味を持ち身内への感謝を表す
  • 緑:木の意味を持ち人間力を高める
  • 黄:土の意味を持ち友情を高める
  • 白:金の意味を持ち義務をまもる
  • 黒(紫):水の意味を持ち学業を高める

 

このように、色によって徳が変わるので願い事も色に合わせなければなりません。たとえば「成績が伸びますように」という願いであれば学業を高める黒(紫)。「これからも友達と仲良しでいたい」という願いであれば友情を高める黄となります。

 

色を気にして書いた事なかったという人も多いですよね!これからの七夕では、願い事に合わせて色を変えていきましょう。

 

七夕は家族で楽しもう!

七夕に欠かせないものといえば竹や笹。しかし、簡単に手に入るものではないですし、家に飾ることだって大変ですよね。そんなときは、七夕祭りが開催されている場所へ足を運んでみましょう!

七夕祭りで有名な場所は仙台。『仙台七夕まつり』は仙台市の中心部で行われており、毎年多くの観光客が訪れる人気の行事です。千羽鶴や綺麗な布で作られた大きな七夕飾りで彩られた圧巻の景色が楽しめます!遠出が難しい場合は、近くの商店街や駅などで飾られている笹に短冊を吊るすのも良いですね。

 

七夕には織姫や彦星が登場することから、家族でプラネタリウムを見に行くという過ごし方も人気のようです。夕食には七夕にちなんだ料理やデザートを作って楽しんでみてはいかがでしょうか!

 

まとめ

  • 七夕に願い事を書いた短冊を飾るのは日本だけ
  • 願いを込めた短冊は書・芸妓上達を願う貴族からはじまった
  • 家族との七夕の過ごし方はお祭りやプラネタリウムがおすすめ

子供のころから当たり前のように楽しんでいた七夕ですが、元々は中国から伝わってきたものだったんですね!短冊の色にも意味があることをはじめて知ったので、次の七夕では意識してお願い事を決めないとですね♪

 

以上、「七夕の短冊に願い事を書くのはなぜ?!家族で楽しむ過ごし方はコレ!?」でした。

スポンサーリンク

-イベント

Copyright© cafe time , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。