生活習慣病

糖尿病3大合併症、失明の可能性もあり!

更新日:

糖尿病の原因と症状を書いた記事はこちら♡

糖尿病3大合併症と聞くと、1つの病気からいろんな障害が出てくるこわーい病気です。
私も甘いものが大好き♡ですが、それも度を越すと病気につながるのですね。
糖尿病の患者さんは、これまでにたくさん出会いました。
人工透析をしている患者さんや、目が段々見えにくくなっている患者さん
足の指が腫れて血液の循環が悪くなり、足の感覚がなくなって壊死(”えし”皮膚の細胞や組織がその部分だけ死滅してしまうこと)してしまい、足を切断する患者さんもいました。
そうならないためにも、生活習慣病で知っておいてほしい病気の1つです。

スポンサーリンク

糖尿病網膜症の原因とは?

糖尿病は症状が進むと血管がもろくなる病気です。
目の網膜には細い血管がたくさん張り巡らされており、糖尿病の患者さんは血管が詰まったり、敗れて硝子体出血(目玉の中全体に出血して、黒い物が飛ぶようになり、その後全体が見えなくなる)網膜剥離(網膜が目玉の壁から剥がれる)を起こして失明してしまいます。

予防

糖尿病になったら血糖値を上げないようにコントロールすることで合併症の予防に重要になります。

糖尿病網膜症の診断

糖尿病になった患者さんは定期的に眼底検査を受けていきます。
眼底検査はどんなことをするのか?
まず、瞳孔を広げる目薬を使い、目の中を出血しているか診るための検査です。
眼底検査を受けた時はものすごいフラッシュの光を目に浴びます。
その後はしばらく目が見えづらいので車の運転はできません。

病気が進むと、造影剤を使って網膜の血管の傷み具合を調べる蛍光眼底検査などがあります。この結果でレーザー治療をした方がいいのか、治療が決定されます。

網膜に水が溜まる黄斑浮腫という病気が疑われるときは、光干渉断層計という断層写真を撮る検査があります。

糖尿病網膜症の治療

  1. 血糖値を上昇させないようにコントロールしていく。
    血液検査でHbA1c(ヘモグロビンA1c)7%未満を目安に!
    HbA1cとは、過去1か月間の血糖値を平均した数値で、高血糖が続くと高い数値となり、血糖値を下げるための食事療法や内服治療をされます。
  2. レーザー治療
    糖尿病網膜症が進んだ場合、失明しないようにする治療です。
    蛍光眼底造影検査をして、レーザーをあてる場所を決めます。
    レーザー治療は、麻酔の目薬を使って治療を受けることが出来、外来通院でできます。
  3. 硝子体手術
    さらに糖尿病が進んでしまった場合に目の中にたまった血液を取り除いたり、血管からの出血を止めたり、網膜剥離を治すための手術です。硝子体手術は、1~2週間の入院が必要です。

糖尿病網膜症の予後と療養

長い間、血糖値をコントロール出来なかった人ほど、糖尿病網膜症になりやすく、悪くなるスピードが速いと言われていますので、なるべく良い血糖値のコントロールができる状態にすることが大事になります。
また、症状がなくても定期的に眼底検査を受けるようにしましょう!




まとめ

日本人の成人失明原因の第2位は糖尿病網膜症で、年間約3000人が失明しているといわれています。
私たちは目からの情報を得ているので、失明すれば生活に支障が出ます。
合併症が進まないように、上手に血糖値をコントロールすることです!

糖尿病の患者さんは、最低年に1回は眼科で眼底検査を受けることが必要ですが、眼底検査は瞳孔を広げるための目薬をして、強い光を当てられるので車の運転が出来ないことにより、バスや電車で受診をしなければならず「面倒くさい」というのが本音でしょう。
しかし、眼科での検査がなぜ必要なのかを知ると、忘れずに眼科へ受診することが苦にならなくなるといいですね!

 

応援ポチッとお願いします♪

スポンサーリンク

2位

-生活習慣病

Copyright© cafe time , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。